派遣会社に登録すれば求人紹介があり仕事が決まる訳ではない

派遣社員は時給制が殆どで給与が比較的高く有期雇用が特徴

昨今は労働環境が変わり、雇用形態がさまざまになってきています。

 

その中の「派遣社員」という雇用形態についてご説明します。

 

 

派遣社員は派遣会社に雇用されている

派遣会社登録=仕事ではない

派遣会社登録
=仕事ではない

まず派遣の仕組みからご説明します。

 

派遣というお仕事は、三者が関わって成り立っています。

  1. 派遣社員
  2. 派遣元
  3. 派遣先
  4. の三者です。

     

    派遣社員は、お仕事する皆さんですね。

     

    派遣元は、派遣会社になります。

     

    小規模のところから、名前を言えば誰でも知っている大規模なところまで、数あります。

     

    派遣先、というのが実際にお仕事をする会社になります。

     

    どこに雇用されているのか?これは派遣元、派遣会社に雇用されています。

     

    指揮命令など、具体的にこんなお仕事してくだしさい、という指示を派遣先が出しています。

     

    なので、お給料は派遣元から払われていることになります。

     

    派遣という雇用体系の特徴と注意点

    次に派遣の特徴です。

     

    時給制がほとんどです。

     

    高めに設定されていることが多いです。

     

    そして、何ヵ月更新、というふうな有期雇用です。

     

    3ヵ月をよく見かける気がします。

     

    有期雇用については、「派遣の不安定な仕事と収入・営業によりけり・一定しない労働環境」の記事も参考にして下さい。

     

    また、お仕事の内容は他の雇用形態同様、さまざまです。

     

    軽作業から接客、事務などなど。

     

    最後に、営業の方について。

     

    営業さんが派遣先と派遣社員の間を取り持ち、派遣社員の皆さんにお仕事を紹介してくれます。

     

    派遣先が受け入れを決定すると、お仕事がスタートします。

     

    営業さんも、いろいろな方がいらっしゃいますが、「この派遣先はこの営業さん」というふうに担当、持ち場が決まっています。

     

    何かお仕事でトラブルが発生した場合も、営業さんに連絡を入れることが多いです。

     

    派遣、派遣社員について理解して頂けたでしょうか。

     

    最も注意して頂きたいには、派遣元、つまり派遣会社に登録する=お仕事が決まるではないことです。

     

    前のページ

    次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク