派遣社員の方が残業代ではブラック企業の正社員よりマシかも

派遣は時間給で給与計算をするため残業代もきちんと支払われる

私が派遣社員と正社員で異なると実感している点は、給与計算です。

 

タイトルの通り「もしかすると残業代を考えると派遣の方がブラック企業の正社員よりもマシなんじゃないか?」という疑問が芽生えた、異なると実感した点です。

 

 

基本給に残業代が含まれる正社員

ブラックよりは良い派遣

ブラックよりは良い派遣

給与計算と申し上げましたが、正社員ですと「○時間の残業代を含んだ基本給」というのが存在するところもあります。

 

16時間の残業代込み、ということになると、16時間以上働かないと残業代はつきません。

 

だいたい「○時間残業代みなし」とついていると、多くの場合、それ以上残業することはありません。

 

その点、派遣は時間給で給与計算をしているせいか、私の体験談「派遣で仕事をして良かった点・悪かった点・自分の反省点」でもご紹介しているように、とても時間にシビアです。

 

派遣先にもよりますが、「今日はプラス15分であがってイイよ」などということもあり得ます。

 

私が1回某派遣会社で引っ越しの手伝いをした時は、酷い労働環境だったことはさておき、残業代がきちんと割増料金で計算されていました。

 

ちなみに、その時の給料は、最初からもらえると分かっていた給与よりも、残業代の方がはるかに高くついていました……。

 

残業代を払わない派遣会社はない

ブラック企業かもしれませんが、私の知る限り、「残業はいくらしても月10時間までしか付かない」という正社員の方もいると聞いたことがあります。

 

また、こちらの「販売/サービス - 必須の残業・身だしなみ・サービスや商品知識」でお伝えしているように、職種では残業が当然の場合もあります。

 

そう考えていくと、時間という数字にシビアな派遣の方が、ある意味安心なのかもしれません。

 

私も何社かの派遣会社に登録していますが、残業代をきっちり払わないという派遣先に当たったことはありません。

 

派遣でボーナスが出るという話はあまり聞きませんが、ひとつの仕事ごとにきちんと払ってくれる派遣の方が、私としては安心な気がします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク