派遣の不安定な仕事と収入・営業によりけり・一定しない労働環境

派遣のデメリット - 不安定な仕事と収入・営業頼り・労働環境

メリットがあるのであれば、デメリットがないわけありません。

 

ここでは、派遣社員のデメリットを、私の経験からお伝えします。

 

 

安定しない仕事と収入

派遣社員のデメリット

派遣社員のデメリット

先ず、安定しないことがあげられます。

 

これは有期雇用であればどれでも言えることですが、次に仕事が来る保証はありません

 

単発なら特に、仕事したい日に仕事の空きがないということは、あり得ます。

 

また仕事によって給料も違いがあるので、月絶対にこのくらい稼げます、はなかなか難しいです。

 

ある程度まとまった期間のお仕事であれば月何万という指標があるのでしょうが、それにしてもそれが1年2年つづくことはないと、経験上感じています。

 

派遣会社の担当営業で左右される

仕事が来る来ないが、派遣会社の担当営業の人柄によってしまうこと。

 

派遣のお仕事は、営業さんが仲立ちをしています。

 

私は現在、4社の派遣会社に登録していますが、連絡を入れてくる頻度は本当に人それぞれです。

 

同じ派遣会社でも、正直下手な営業さんに当たってしまうと悲惨です。

 

仕事の紹介の電話が来ないですとか、こちらから連絡してようやく条件に合う仕事を探し出すという方がいない、とは言いきれません。

 

私が比較的最近にあたった営業さんから、連絡が来たことはありません……。

 

全部私の方から連絡してます……。

 

ただ、そのような常識を疑いたくなる営業さんは少数なので、その点はご安心ください。

 

そういうこともあり得ますよ、ということだけ頭に留めておいていただければ大丈夫です。

 

逆にマメな方は仕事の期間中にも「大丈夫ですか?」と電話をくれたり、相談しやすい環境を作ってくれます。

 

派遣会社の営業担当で決まってしまうリスクを避けるためには、こちらの私の体験談「4つの派遣会社に登録してみて・複数登録するメリットについて」でもお伝えしているように、複数の派遣会社に登録することが大切です。

 

契約内容がまちまちで労働環境が一定しない

仕事によって、派遣の契約がまちまちなこと。

 

労働環境が一定しません。

 

16時までと言って、私の場合23時まで引っぱられたことがあります。

 

派遣先もですが、それを許容してしまう派遣元も派遣元です。

 

デメリットをできる限り感じなくて済むよう、派遣登録の際はよくよくご注意ください。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク