軽作業/製造 - 自分に合うかどうか・作業姿勢と役立つ道具

自分に合う仕事かどうか・作業姿勢と仕事に役立つ道具を調べる

軽作業や製造系などの派遣の仕事について、仕事紹介を受けた場合に仕事内容で注意してチェックすべきことをご説明します。

 

 

体力が必要か単純作業か

自分に合う仕事かどうか

自分に合う仕事かどうか

重いものをたくさん扱うお仕事なのか?というのはまずチェックするポイントです。

 

引っ越しの梱包ならともかく、運び出しを女性がするのは酷です。

 

派遣会社によってはたまに無理を言ってくるので、大丈夫だろうと思わずお仕事の細かい内容までチェックしてください。

 

そこは信頼しすぎはいけません。

 

ベルトコンベヤで運ばれて来たものを加工するなどの単純作業の場合、自分が単純作業に向くのか?という点が重要になってくると思います。

 

やってみないと分からないという点もあるかと思いますが、私の知人に耐えられなくて45分で逃げ出したという人がいます。

 

どうか知人と同じ轍を踏まぬよう……飽きっぽい方には取り敢えずお勧めできません。

 

眠気との闘いを強いられる可能性もあります。

 

作業姿勢と役立つ道具もチェック

製造だと、立ちっぱなしというところも多いでしょう。

 

座りっぱなしも疲れますが、立ちっぱなしも疲れます。

 

その辺の作業をする姿勢も考慮して、お仕事を選んでください。

 

ピッキングなどであれば、「カッターナイフで太い奴持ってきてね」、などと言われることもあります。

 

そんなときのために軍手は、わりと使うので滑り止めつきのものを用意しておくと安心です。

 

逆に個人用のカッターナイフは持ち込み禁止のところもあります。

 

職場も、おばちゃんが多いところから若い男性が多いところまで、内容が被らなければ年齢層は広めです。

 

環境は場所によっては寒い中作業となる場合もあるので、工場で作業等する場合は気をつけてください。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク