派遣は断ちたい人間関係を簡単に切る事ができる雇用形態

良いことも悪いことも人間関係が派遣では最も重要な要素

私の友人のエピソードを紹介します。

 

彼女は事務希望で、派遣であちこちの仕事先を転々としていました。

 

 

人間関係の悩み

派遣先での人間関係

派遣先での
人間関係

なんでそんな頻繁に職場を変えるのか、たずねたことがあります。

 

その時の彼女の答え。

 

「人間関係が、ね…」

 

ね、ってどういうことだ、という突っ込みは置いておくとして、派遣は簡単に人間関係を切ることができる雇用形態だ、ということを認識させられた言葉でした。

 

同じ街で働いていれば、以前の職場の人に会う可能性はあります。

 

会っても気づかないかもしれません。

 

もう赤の他人で、なんの関係もない人になるんだな、と思った次第です。

 

「人間関係くらいで」で扱って良いものではない

親に人間関係くらいでお仕事を辞めるな、と言われてきた私ですが、お仕事の上で1番大切なことって人間関係だと思います。

 

毎日通う職場です。

 

毎日顔を合わせる人のことが嫌いなのはつらいですよね。

 

彼女も、嫌みを言いまくるおばさんに閉口してしまって、その当時の職場を辞めたようでした。

 

丁寧なお仕事だったのでしょう

いわく、書類にハンコ押して、そのハンコの朱色が手について書類にさらにうつると良くないと思って、いちいち手を洗っていたそうなんです。

 

そこを嫌みなおばさんに、「潔癖症なんだね」と言われたことが1番つらかったとか。

 

そういう小さなきっかけでだんだん嫌になっていくのかな、と思った次第です。

 

愚痴を聞いたり聞いてもらったり

良い点を挙げましょう。

 

同じ職場だった人と、今でも連絡を取り合っている、という人もいます。

 

似たようなお仕事を互いにこなし、「つらいね」「そうだね」と言えただけでも大分救われたとか。

 

自分は1人じゃない、社会の中にいる、というのは人間が求める本能的な欲求なんでしょうね。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク