派遣会社と担当の違いで大きく異なる派遣先の内容と環境

派遣の働きやすさは派遣会社の担当で決まる

正社員の職を辞め、派遣社員として私はATM製造工場に勤めることになりました。

 

派遣先の職場の方もみなさん親切で、また私の担当の派遣会社のAさんは、質問や相談に積極的に乗ってくれる人でしたが、妊娠を機に退職することになり、後任のBさんが派遣会社の担当になりました。

 

1週間前の解雇通知

派遣の働きやすさは担当の腕次第

派遣の働きやすさは
担当の腕次第

派遣会社のBさんが私の担当になってすぐ、私は解雇されることを知らされました。

 

それも、解雇される1週間前に……。

 

私の記憶が正しければ、最低2週間前までに解雇することを本人に知らせなければなりません。

 

私はその知らせを1週間前に電話で知らされました。しかも夜の10時過ぎという非常識な時間です。

 

酷い職場から解放されて、自分を取り戻すこともできたのに、私はまた職を失うことになりました。

 

再就職先が見つかるも担当さんはいい加減

同じ派遣で新しい職場を探すことになった私でしたが、とにかく仕事の紹介がありませんでした。

 

担当のBさんに勧められた精密機械の工場に面接にもいきましたが、面接時にやらされたテストに合格できず不採用に。

 

結局、Bさんとは別のCさんが担当している工場での採用が決まったのですが、お給料は時給900円と前の職場より安くなってしまいました。

 

新しい担当になったCさんは、大切な書類すら電話をして催促しないと持ってきてくれないような人でした。

 

親しい派遣仲間に信頼できる派遣会社の担当を紹介してもらう

新しい職場では対人関係にも悩まされました。

 

人の悪口を言うのが大好きな人がいて、私はその人から嫌がらせを受けていました。

 

そんななか、親しくなっていた派遣さんから、別の派遣会社に勤務している営業の方を紹介されました。

 

それが、現在お世話いなっているDさんです。

 

Dさんは私の話を親身になって聞いてくれ、自動車部品の下請けをやっている小さな会社を紹介してくれました。

 

その職場で、私は2年近く働かせてもらっています

 

ここの職場でも嫌がらせに合いましたが、Dさんは私の悩みをきちんと聞いてくれました。

 

私がDさんに悩みを打ち明けたあと、嫌がらせしていた社員さんたちが社長にお説教されていたなんてこともあったり。

 

今では嫌がらせもなく、毎日楽しく働いています。

 

派遣会社や担当さんが変わるだけで、こんなにも働きやすくなるんだと自分自身驚いた経験でした。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク