正社員と比べても決して劣らない派遣社員の色々なメリット

派遣社員は正社員と比べ世間の評判ほどは悪くない働き方

雇用が不安定、また給料が安いと言われる派遣社員ですが、世間の評判や認識ほどは悪くない働き方だと私は思います。

 

正社員が一番と世間は言いますが、自分の経験から一概にそうは言えないのです。

 

私が派遣の仕事で安定して稼ぐようになった実際の経験から、派遣のメリットを語りたいと思います。

 

 

正社員と違い仕事がすぐに見つかる

派遣社員で働く事の色々なメリット

派遣社員で働く事の
色々なメリット

雇用の形態が多様化した現在、正社員という立場は誰もが羨むものになりました。

 

雇用の安定、日本人が大好きな言葉です。

 

派遣社員と違い、正社員は終身雇用が基本となっています。

 

必然的に多くの人がなりたいと思うし、歳を取って中途採用を狙う際は、いくつもの会社から不採用通知をもらう覚悟もしなければなりません。

 

正社員採用を目指していたら、いつまでたっても仕事につけない可能性が高い、それが日本の現実です。

 

正社員になることを目指すことは良いことだけど、それだけを視野に入れていたら生きていくことができなくなる場合もあります。

 

その点、派遣は期限が決められていますが、場合によってはその日から仕事に就けることができます。

 

お給料などの待遇も良い

お給料も小さな会社の新卒よりもらえる場合が多いです。

 

派遣社員をやっている方の中には、仕事の側ら正社員を目指す方もいます。

 

正社員になるべき、派遣は避けろと言われた時期もありますが、正社員になるために派遣社員をやっている方もいるのが現実です。

 

少子化で働き手も少なくなっていますので、派遣切りという現象も、滅多に起きなくなると思います。

 

万が一切られても、焦らず他のところを探しましょう。

 

働き場所がたくさんある、雇用期間以内だったら住む部屋を貸してもらえるのも派遣の魅力です。

 

副業が出来る

派遣の魅力は副業ができることです。

 

正社員になると副業を認めていない会社がほとんどですが、派遣にはこれがありません。

 

派遣会社が日雇いの仕事紹介を行っている場合、希望すれば仕事を紹介してくれるという高待遇が待っています。

 

派遣さんの中には、資格取得のために派遣社員をやっている方もいます。

 

私自身経験があるのですが、通信制大学に入りたいと希望しても、会社に反対されることすらあります。

 

会社のお給料が安くても副業ができない、資格を取得したくても会社に反対される。

 

だいたいの正社員の方が、こんな状況に置かれているのではないでしょうか。

 

日本の会社は働いてくれる社員より、会社の利益が第一優先なんだと思ってしまうこの頃です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク