派遣の仕事に困らないためには仕事を選ばず何でもやる

未経験などの派遣の仕事紹介でも新しい経験が出来ると受け止める

派遣を急に切られて仕事に困ってしまう… 派遣社員の方なら、誰もが経験することだと思います。

 

こちらの「派遣会社と担当の違いで大きく異なる派遣先の内容と環境 」でもお伝えしましたが、私も初めての派遣先で、1週間前に解雇を知らされ困った経験があります。

 

派遣で働く経験から、私なりのアドバイスを送りたいと思います。

 

 

早く仕事に就きたい

派遣の仕事は選ばず何にでも挑戦を

派遣の仕事は選ばず
何にでも挑戦を

不況の中、やっとの思いで正社員になった私ですが、職場ではパワハラを受けた挙句、解雇されてしまいました。

 

ハローワークにも行き、正社員の職をいくつか探しましたが採用には至らず。

 

むしゃくしゃした私は、万が一のために登録しておいた派遣会社に電話をし、すぐにお仕事を紹介してもらいました。

 

貯金も底をつき、金銭的にも困っていた私は1日でも早く仕事をして稼ぎたかったのです。

 

派遣切りという社会現象から、派遣に対して良い印象を持っていなかった私ですが、このときはそんな思いは吹き飛んでいました。

 

かくして私は、派遣社員となりました。

 

稼ぐために何でもやる

派遣についた私は、正社員にはない『副業ができる』というメリットを活かして、マネキンの単発バイトをするようになりました。

 

勤め先の派遣は土日祝日がお休みだったので、その休日にマネキンの仕事を出来るだけ入れました。

 

私が日雇いバイトをする理由はもう1つあります。

 

急に派遣先を切られても仕事に困らないようにするためです。

 

日雇いや単発バイトも扱う派遣に登録しておけば、次の仕事先が決まるまでの繋ぎとして日雇いをすることが可能です。

 

雇用保険という切り札を温存することもできます。

 

雇用保険の手続き申請期間は失業してから約1ヶ月です。

 

この間に次の仕事を辞めた場合、前の雇用保険をそのまま適用することが出来ます。

 

また制約はありますが、1年間継続して仕事が続けられる職場に転職した場合、再就職手当を申請することもできます。

 

恐がらず新しい経験が出来ると受け止める

派遣先の紹介が、自分の希望の仕事ではない…

 

そんなことが続き、次の派遣先が見つからない人もいると思います。

 

でも、ちょっと考えを変えてみたらいかがでしょうか。

 

希望の仕事に就かないということは、逆に考えると新しい経験が出来るということです。

 

経験した職種の幅が広がる。これは出来る仕事が増えるということでもあります。

 

恐がらず、経験のない職種に就くことで、次の派遣先が見つかる可能性も高くなるのではないでしょうか。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク