日雇い派遣先で先輩派遣社員から新興宗教の勧誘を受ける

派遣同士で仲良くなっても連絡交換は慎重に

こちらの「派遣会社と担当の違いで大きく異なる派遣先の内容と環境」でお伝えしている、信頼できる派遣会社の担当Dさんと出会い、今では平穏な派遣社員ライフを過ごしている私ですが、派遣の職場には信じられない人たちが、ときたまいます。

 

人の悪口を言ったり、マナーがなっていないなんて序の口で、カルト宗教にハマっている、危ない人たちもいたりしました。

 

そんな人たちのことを書きたいと思います。

 

 

カルト教団の勧誘

新興宗教のしつこい勧誘

新興宗教のしつこい勧誘

まだ私が通信制の大学に入っていた頃のお話です。

 

勉強を優先したい私は、アルバイトなどにはつかず派遣会社から紹介される、単発の日雇い労働で稼いでいました。

 

そこで同じ年頃で、先に派遣されていて先輩となるKさんという方と親しくなりました。

 

Kさんは挨拶もハキハキしていて、親しみやすい印象の方でした。

 

引っ込み思案な私にも声をかけてくれ、意気投合して携帯とアドレスの番号を交換したのですが、これが間違いでした。

 

数日後にKさんから食事に誘われました。

 

私は快諾し、Kさんの車でとあるファミリーレストランまで行くことになりました。

 

その車には、Kさんの知り合いだという年配の女性Hさんも乗っていました。

 

Kさんと2人だけで食事をするものだと思っていた私は、何か引っかかるものを感じたものの、気にすることはありませんでした。

 

食事が終わり勧誘が始まる

和やかに食事を終えた私たちでしたが、そのあとが地獄でした。

 

とつぜん、Hさんが宗教について話を切り出してきたのです。

 

私が驚いていると、Hさんは自分が入っている新興宗教の素晴らしさについて、一方的に話し始めました。

 

Hさんに続いてKさんまでもが、その宗教の信者だと言いだしたのです。

 

「私たちの宗教を信じないと日本が滅んでしまう、信仰の自由は憲法で認められているから私たちの宗教にお試し感覚で入信しよう。」

 

とにかく、言っていることが無茶苦茶でした。

 

私が彼女たちの発言を否定しても、彼女たちは耳を貸さず自分たちの意見を一方的に言ってきます。

 

しまいには、私を近くにある支部に連れて行こうとしたり……。

 

入信するか少し考えさせてくださいと告げ、私はしつこい勧誘からやっと解放されました。

 

派遣先で仲良くなっても連絡交換は慎重に

その宗教について調べたところ、しつこい勧誘で問題になっているところだとわかりました。

 

もちろん私はKさんとの関係を断ちました。

 

管理人さんが、こちらの「派遣は断ちたい人間関係を簡単に切る事ができる雇用形態」で書かれているように、関係を容易に断てることが出来るのも、派遣のメリットと言えるでしょう。

 

後日談として、違う日雇いの仕事で仲良くなった人に、同じ宗教に勧誘されたというオチがつきます。

 

派遣された会社で仲良くなった人がいたとしても、連絡交換は慎重におこないましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク