派遣会社より適切な仕事紹介を受けるための登録会の内容

派遣会社の登録会当日のスキルチェックと適性検査

派遣会社では、インターネットでも電話でも、登録会の日時を簡単に受け付けてくれます。

 

私の場合、前もって所要時間は2時間程、持ち物は以下ですと告げられました。

 

  1. 履歴書
  2. 職務経歴書
  3. 証明写真
  4. 銀行口座

 

登録会当日は5分前に到着すると、キチンとスーツを着た終始にこやかな女性が対応してくれました。

 

 

派遣会社でのスキルチェック

スキルチェックと適性検査で適切な仕事を紹介

スキルチェックと適性
検査で適切な仕事を紹介

派遣会社の登録会では、スキルチェック、適性検査、面談が行われます。

 

スキルチェックとは、パソコンをどの程度使えるかテストさせてくださいね、ということ。

 

私の場合、名前や年齢を打ち込んだあとは、タイピングの速さや正確さを見るものだけでした。

 

ゲーム感覚で今ならインターネット等で十分練習できる位だったと思います。

 

私は当時そこまで打ち込みに自信もなく、エクセル関数はチンプンカンプンでした。使えたのはワードで表が作れる程度だったと思います。

 

これしかできないのかと思われるのも恥ずかしいなと思いましたが、ここで嘘偽りを伝えても1文の得にもならないことはいくら私でも分かります。

 

ここは正直にとありのままを伝えましたが、後から聞いた話では、スキルとしてはある方だよとのこと。

 

全く何もわからずに来る方もたくさんいるとのことなので、分からなくても出来なくても恐れることなかれ、です。

 

簡単な適性検査にも正直に回答

派遣会社より紹介される会社や仕事とのマッチングの際に、その点は先方にキチンと伝えてくれるでしょうし、お仕事をしながら勉強します!とやる気を見せれば十分なのではないかなと思います。

 

選ぶのは派遣される企業の面接官です。

 

企業や派遣する側の信頼関係もありますので、嘘とかっこつけはやめましょう。自分にその分降りかかってくるだけですよ。

 

適性検査は、性格検査?みたいなもので、「替わりに残業して。と言われたらあなたは残業しますか?」の質問に対して5つより選びなさいといったものを何ページもやった記憶があります。

 

これもパソコンでした。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク