単発の派遣のマネキンの仕事は1人で全てをこなす必要が

何でも1人でこなす単発の派遣のマネキンの仕事の流れ

単発の派遣仕事のマネキンの仕事は、基本的に1人で何でもこなさなくてはなりません。

 

そのため、1日の仕事の流れを掴んでおいたほうが、仕事がやりやすくなります。

 

ここでは、大まかな派遣マネキンの仕事の流れをお伝えします。

 

 

始業時間30分前に実施店舗に着いていること

全て1人でこなす派遣マネキンの仕事

全て1人でこなす
派遣マネキンの仕事

まず、始業時間30分前に現場に着いていなければなりません。

 

契約通りの時間に行くと、担当者の方の挨拶や事前の準備ができず、開店時にスムーズに仕事を行うことができません。

 

この始業時間30分前という心がけは、派遣会社側からも厳守するように言われることでしょう。

 

始業30分前に着いたら、まず事務の方に何のマネキンで来たかを告げ、担当者を呼んでもらいます。

 

担当者が着たら挨拶をして、事前に会社から届いているデモ用の物品を受け取り、実施場所へと案内してもらいましょう。

 

また、このときにお昼の休憩時間をいつごろ取ればいいのか、お手洗いの場所なども一緒に聞いておくといいです。

 

実施場所に案内されたら、開店時間までにデモの準備を済ませなければなりません。

 

準備はデモの種類によって違ってきまいますが、試食販売など手間のかかる仕事の場合は、準備もそれだけ大変になります。

 

始業30分前ではなく、もっと早く実施店舗に足を運ばなければ開店時間までに準備が終わらないこともあります。

 

マニュアルを熟読して積極的に

準備が終わり開店時間になったら、お客様にお声がけをしましょう。

 

会社から郵送されるマニュアルを熟読し、売り込む商品の特徴などを細かく覚えておくと商品をPRしやすくなります。

 

特に重要なのが商品の『売り』をお客様にわかりやすく伝えることです。

 

商品の『売り』を、短い宣伝文句にしてお客様にPRすると良いでしょう。

 

また、自分の知識の範囲内で答えられないことは、カスタマーサポートセンターや売り場の担当者に確認をとるよう、お客様にお願いしましょう。

 

万が一、いい加減なことをいってしまうとそれがクレームに繋がる恐れがあります。

 

休憩も一言告げてから

休憩などに場合は、サービスカウンターに行き先を告げていきましょう。

 

休憩に行く場合は、具体的な時間を伝えておくと良いと思います。

 

仕事の後片付けは実施時間が終わってから行いましょう。

 

実施場所の清掃を終え、デモ用品をサービスカウンターに持っていき会社に送り返してもらいます。

 

それが終わったら、担当者の方に挨拶をして会社の報告書にサインをもらいましょう。

 

報告書を書き上げて会社に送れば、派遣マネキンの仕事は終わりです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク