試食販売の派遣マネキンで仕事をラクにし売上を伸ばすコツ

単発派遣マネキンでは道具を活用し販売商品の味を確かめる

事前の準備が色々と大変な単発派遣マネキンの試食販売の仕事ですが、コツを掴むと仕事も楽になるし売上も倍増します。

 

何より試食販売の要は、準備をしっかりとすることだと思います。

 

私が単発の派遣の仕事で身につけたコツをお伝えします。

 

 

秘密道具を持っていこう

道具を活用し味を確かめ口コミを

道具を活用し味を
確かめ口コミを

こちらの「試食販売のマネキンが用意したい道具とそれらのメリット」の記事の中で、仕事に必要な道具でご紹介した「ナイフ・携帯用のまな板・アルミカップ・つまようじ・キッチンペーパー・アルコールスプレー・ビニール手袋」の他に、場合によってはビニール袋とゴミ袋を持っていくと便利な場合もあります。

 

それに加え、キッチンバサミがあるとなお便利です。

 

ナイフなどで試食を切る場合、まな板が必要になり、場所とることが多いいですが、キッチンバサミを使えばハサミの汚れた部分をキッチンペーパーで拭けばいいだけになり便利です。

 

小さな食品を切り刻む場合に、キッチンバサミは大変便利です。

 

味をきちんと確かめる

試食販売の場合、自分が販売する商品が近所のスーパーなどに置いてなく、どのような商品かきちんと確かめられない場合が多いいです。

 

試食販売の当日には、きちんと売り込む商品を確認し、味をたしかめましょう。

 

試食販売で1番質問されるのは『味』についてです。

 

どのような味がするのか?

 

場合によっては、どのような食べ方がオススメなのか、きちんと自分の舌でたしかめてから仕事にとりかかりましょう。

 

また、試食をしていただいたお客様の感想を取り入れ、商品をPRすることも大切です。

 

口コミは大切だと言いますが、お客様は『生の声』をとても信頼されます。

 

お客様の感想にきちんと耳を傾け、よりよい商品PRをつねに考えましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク