私の希望と条件を満たす派遣の仕事紹介を受け面接に臨む

私の派遣社員としての面接体験談 1/2

派遣会社からの仕事紹介は、私が登録した当時、まだ電話連絡の方が主流でした。

 

○○銀行○○部で長期希望、時給○○円ですが受けてみませんか?といった感じです。

 

 

私の希望・条件を満たしていた派遣の求人

希望通りの派遣の仕事紹介に応募を

希望通りの派遣の
仕事紹介に応募を

派遣会社から紹介を受けた仕事に対して私に面接を受ける意思があるとわかると、すぐに先方と日時を決めて折り返しの連絡がありました。

 

当日は派手さの少ないスーツで、筆記用具を念のため持ってきてくださいと言われました。

 

当時はもう少し言い方がハッキリしていました。リクルートスーツでお願いします。色は黒か紺にして下さい。といったような…今はそんなこともないと思います。

 

履歴書や職務経歴書は、派遣会社の方で全て用意してくれます。この時は以前登録会で渡した手書きのものが、綺麗に打ち直されてプリントアウトされていました。

 

派遣会社の担当女性と事前の打ち合わせ

指定された日に、まずは派遣会社の担当者と駅で15分前に待ち合わせ。

 

この時の派遣会社の担当者は同じ年くらいの女性で、初めての経験だったのでホっとしたのを覚えています。

 

そこで立ち話のまま軽く、これからのぞむ面接の概要を説明されました。

 

  1. 私(派遣会社の担当者)が基本的に話をします
  2. 聞かれたことだけ答えて下されば結構です
  3. 結果は1週間後となっております。などなど・・

 

後でわかったことですが、紹介を受けた企業は派遣社員を採用するのが初めてでした。

 

いざ面接に!

1人の面接に15分~20分もあれば長い方だと思うのです。それを何度も繰り返すのは企業側も大変なので、場合によっては集団面接も勿論ありえると思います。

 

この時は1人ずつ面接が行われ、私がトップバッターでした。

 

同じ企業からの募集要請は3名で面接を受けるのは8名だと聞かされたのをハッキリと覚えています。

 

一般企業を受ける競争率とあまり変わらないのではないか…

 

最初から受かる気マンマンで来ていた私は、ここで出鼻をくじかれたような気がしました。

 

頑張らないと、と。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク