派遣会社の担当者で随分と違うと実感した仕事紹介と面接対応

派遣会社・担当者によって大きく異なる仕事紹介の進め方と対応

派遣会社より面接の紹介を電話で受けて、その日のうちに職務経歴書を作成してメールにて送信をしてから2日後の面接の前日のことです。

 

担当者からの電話は、『履歴書と職務経歴書は先方に送りましたので、明日10時にお1人で面接に行ってきてください』というものでした。

 

 

派遣会社の担当者は面接に同伴しないと連絡

自分に合った派遣会社と担当者

自分に合った派遣
会社と担当者

えっ??? 頭の中はパニック状態です。今まで、面接に同伴してもらえなかったことは一度もありませんでした。

 

とにかく私はすぐにお願いしました。場所も不安ですし、一緒に来て頂けませんか?と。

 

すると、予定が詰まっているから厳しいですとか、あなたはテキパキとした話し方で、きっと1人で大丈夫ですよとかと色々と言われて、結局自分1人で行くハメになってしまったのです。

 

確かに、そもそも就職活動中は全て1人でやっていたことだし、出来ない訳ではないです。

 

けれど、派遣会社の担当さんが面接に同席してくれるから、企業と直接やりとりをしなくて済むからという安心感とお得感もあって派遣会社を選んでいる人だってきっといると思うんです。

 

初対面が苦手という方も世の中にはいらっしゃるでしょうし、面接というのは何度受けても緊張ばかりが先にたつものですから、それが苦手で全ての手筈を整えてもらえるというのが、ありがたいというのが私の一度紹介を受けた感想でした。

 

なのに、今回は面接に派遣会社の担当者に同伴してもらえない。

 

私は急に気が重くなり行きたくない衝動にも駆られました。

 

派遣会社・担当者で違う仕事紹介の進め方

A派遣会社の面接の時と随分と違うではないか…誰しもが同伴してもらえるわけではないのか…?と。

 

私の胸中はかなり複雑ではありましたが、そこで面接をすっぽかすわけにはいきません。

 

当日は最初の挨拶から面接・条件のお話なども全て1人で行い、企業の面接官の方もとても親切でスムーズに話が進み問題なく面接は終了しました。

 

そこからの帰り道で、派遣会社の担当者に面接終了の旨を連絡しましたが、とても忙しそうな対応で邪険に扱われて少しビックリ。

 

翌日には、その担当者より面接を受けた企業の採用の連絡をもらいましたが、今の仕事と比べて転職するほどではないと思ったのでその場でお断りしました。

 

すると今度は、何故断るのですか、よく考えて下さい、と引き下がらず…

 

最後の最後まで、後味の悪い面接でした。たまたまその方だけが、そういう対応なのか、その派遣会社の社風なのかわかりませんが…

 

自分の性格に合った派遣会社と担当者を見つける事も大切

引っ越しの移管手続は本当に円滑で感心させられたので、この面接の件は残念でなりませんでした。

 

もちろん私のような性格ではなく、待遇さえ良ければ派遣会社の担当者の同伴など要らない、自分一人の方がむしろ自由に面接対応が出来る、というアグレッシブな人もみえますので、そういう方には派遣会社の人の同席など関係ないかも知れません。

 

しかし、私のような少し内気な人は企業の紹介を受ける以前に、その案件は面接には同伴してもらえるのか否かの確認も必要だなと思いました。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク