正社員入社が難関の花形企業でも派遣で憧れの会社や職場に就職

派遣で憧れの会社を選ぶとモチベーションが上がり毎日が楽しく

みなさんは派遣社員という働き方を含めて、就職先を決める上で何が一番大切ですか?

 

雇用形態、職種、お給料、通勤距離、始業時間、休日の確保、就業場所…

 

 

正社員での入社が難関だった人気の花形企業

好きな会社や職場が選べる派遣のメリット

好きな会社や職場が
選べる派遣のメリット

ご自身のライフスタイルによって、その順位は大いに変動すると思いますが、私が派遣会社に登録した時は独身で、この仕事をしたい!と決めていたわけでもなく、ただ、どうせ働くなら時給がいい方がいいな…なんて気楽に考えていました。

 

これは私の個人的な好みにもなりますが、派遣社員として働くメリットの1つとして、『正規雇用で入社するのは難しい企業でも派遣なら採用してもらえるかもしれない』という淡い期待が持てることを挙げさせてください。

 

正規雇用として採用するには、やはり大学や短大卒業以上といった、まずは学歴の面や履修学科などで規制や決まりが多く、面接にもならずに不採用となってしまうケースも少なくないはずです。

 

私も短大1年生の就職活動時、行きたかった業種に出したハガキは約100枚。

 

当時はインターネットで会社説明会にエントリーするなんていうシステムはありませんでした。

 

派遣社員として憧れの企業や職場で楽しく仕事を

でもそれも、8割が学歴の面で『大学卒業者のみ募集しております』などと断りの返事をもらい苦汁の日々を送ったりしました。

 

それが、派遣会社に登録してみてビックリ。

 

派遣社員を募集している会社の多彩なこと。そして、テレビや雑誌でよく見る有名な会社名もズラズラと出てくる出てくる。

 

採用基準は確かに様々ではありますが、それでも新卒や中途採用よりは、若干ではありますが緩やかに感じました。

 

結果的に私も、某大手銀行の本社に従事することができ、憧れの地に通勤。

 

都心から離れたところに住んでいた為時間はかかりましたが、自分の希望する条件が叶っていたので、その辺りは苦ではありませんでした。

 

もしかしたらあなたも、憧れの地や企業で働くことも夢じゃないかもしれないですよ。憧れが叶うとモチベーションが上がって、毎日のお仕事が本当に楽しくなります。

 

派遣社員で働こうと決めて派遣される企業や職場を選ぶ際、もしも憧れている会社があれば、その希望を優先して選んでみる事を先ずお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク