紹介予定派遣で正社員雇用を希望する人は人事権の詳細確認を

紹介予定派遣でも必ず正社員になれるとは限らない

私が派遣登録をした派遣会社は2社で、そのうちの1社から企業に派遣されていました。

 

就業中、もう1社からわりと頻繁に連絡が来ていました。

 

 

安心して正社員となれる紹介予定派遣

紹介予定派遣でも必ず正社員になれるとは限らない

紹介予定派遣でも必ず
正社員になれるとは限らない

『今お勤めの企業の契約更新は何ヶ月ですか?』

 

『もっとやってみたいお仕事の内容はありますか?どういった業種ですか?』

 

『紹介予定派遣のお話がありますけどいかがでしょうか?』

 

実は、私はこの紹介予定派遣という制度を、企業に派遣された後で知りました。

 

私の勤務していた企業は、その制度は適用外でしたので、気になりよく調べたものです。

 

紹介予定派遣とは、こちらの「紹介予定派遣はリスクを回避し正社員を目指したい方にお勧め」でも紹介されていますが、派遣されている企業に一定期間勤務し、その後双方が合意すれば直接雇用してもらえるという制度のこと。

 

派遣社員は、派遣会社から派遣されて働いているので間接雇用となります。

 

メリットはたくさんあります。その企業にはどういった人がいて、どんな仕事の流れでどういったことを任されるのか。

 

派遣社員として勤務することである程度見極めることが出来ますし、派遣会社のバックアップを存分に受けることができるわけですから、転職においての不安材料はかなり軽減します。

 

これは企業側にとってもそうですね。やはり採用して共に働いてみないことには、履歴書だけでは本質まではなかなか見えにくい。

 

働き方を見てから直接雇うかどうか決められるわけですから、会社にとっても安心です。

 

必ずしも希望の企業の正社員になれるわけではない

ただし、予定はあくまで予定。一般的に長くて6か月ほどの勤務でその雇用方法変更が決まるようですが、中にはいつまで経っても紹介されないケースもあるようです。

 

特に、大手企業になるほどその道は狭き門の様子。

 

それは、中小企業や本社のみの会社の方が、最終決断を下す人までの距離が近いからにすぎないからではないかと思うのですが…

 

大手企業というのは、部署で申請をし、支店で了承してから本社の人事部に稟議書を出して、ようやくといったとても険しい道のりが待っています。支店に採用の決定権を一任されていれば話は別ですが。

 

これはもしかしたら、最終判断をする人に近いところで働けるかどうかも、結果を大きく分ける事になるかもしれませんね。

 

紹介予定派遣で正社員になることを希望する方は、人事決定権がどこにあるのか、決定されるために必要な期間などの詳細について派遣会社の担当者に確認をしておきましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク