派遣での経験を履歴書でアピールし次の仕事紹介に繋げる

派遣の強みである様々な仕事経験を履歴書に明記しアピール

派遣社員とは、派遣会社に所属していて、『派遣』されて各企業に勤務している人のことですよね。

 

ということは所属は、その派遣会社であって、実際にお仕事をしていたのは派遣先であって…

 

私は独身時代に2年半ほど派遣社員を経験し、結婚・出産を経て、また就職する際、果たして履歴書にはどう書けばいいのだろう?と悩みました。

 

 

派遣社員の履歴書の書き方の例

派遣の経験を履歴書でアピール

派遣の経験を
履歴書でアピール

色々と調べてもみましたが、特にこれが正解!というものも見当たらず、結果的に私が履歴書に書くときはこうしています。

 

  1. 『○○年○月 派遣会社▲▲に登録』
  2. 『○○年○月 ■■株式会社☆☆に派遣される』

 

こうすることで、どこの派遣会社から、どこに派遣されて就労していたのかがわかると思います。

 

派遣という言葉をわざわざ入れなくても良いのでは?と思う方もいるかもしれません。

 

でも採用側としては、その雇用形態は正しく把握したいと思うのです。

 

正規の社員だったのか、パートだったのか、派遣だったのか。

 

嘘はいずれバレますし、ただ単に株式会社☆☆に勤務、と書いたとして、後に『正社員かと思っていた!』ということにならないとも限りません。

 

派遣での経験が次の仕事紹介に繋がる

逆に、あそこの派遣会社に所属していたなら研修制度も充実してるし心配ないね、ということに繋がるかも知れませんので、やはりここは、きちんと明記するのをお勧めします。

 

もしいろんな派遣会社に登録していて、勤務経験も多数ということでしたら、『以下職務経歴書に記載』として別紙に書くのも良いかもしれません。

 

正社員での転職数が多いのは必ずしも好印象とは限りませんが、派遣で色々な会社に派遣されるのは当たり前ですし、様々な仕事を経験している事は派遣の強みで、もしかしたらその数ある経験の中に、採用担当者の目に留まるものがあるかもしれません。

 

経験は宝です。じゃんじゃん、アピールして、より条件の良い快適な派遣の仕事紹介を受けて下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク