派遣の仕事を契約期間中に辞めたい際は先ずは担当者に連絡

派遣会社の担当者に辞めたい理由を含め最初に伝えるべき

派遣されて数日しか経っていないけれど、どうしても続けられそうにない、今すぐにでも派遣の仕事を辞めたい…

 

全くありえない話ではないですよね。

 

派遣会社の担当者の方が言っていた事と、実際に勤務してみた雰囲気や決まり事、ズレが生じていることは多々あると思います。

 

そんな時、スムーズに辞めさせてもらうことはできるのでしょうか。

 

 

派遣の仕事を辞めたい際にすべき事

担当者に辞めたい理由を含め最初に伝える

担当者に辞めたい
理由を含め最初に伝える

まず派遣の仕事を辞めたいと思った時に一番にその意思を伝える相手は、派遣会社の担当者です。

 

派遣の仕事紹介を受けてから面接、採用まで責任の一端を担ってくれた方ですから、まずは担当者にどうして辞めたいのかを含めて一番に伝えるべきだと思います。

 

担当者の都合もあるでしょうから、まずは電話などで伝え、恐らく担当者から改めて時間を取って詳しく話を聞かれることになると思います。

 

派遣の契約期間内でも辞められる?と思う人もみえるでしょうが、結論から言うと、辞められます。但し、前提として、理由に正当性があることが必須です。

 

電話対応はないと聞いていたのにほとんど出なくてはならない、残業なしのハズが毎日残業しないと終わらない、同世代が多いと聞いていたのに、ほとんどが年配者で話の輪に入れないなど。

 

こうしたことはハッキリと伝えて良い事です。

 

自分の都合で辞めたい場合

反対に、思っていたより通勤に時間がかかる、聞いてはいたけど、やっぱり同年代がいた方が楽しそうといった、自分本位の理由の場合。

 

当然、勤務してみないとわからない事ですから伝えて良いと思いますが、その後の仕事紹介を受ける際、そういった理由で契約期間満了前に辞めたというのが経歴に残る可能性は十分にあります。

 

いずれの理由にしても、まずはもう少し頑張ってみないかと引き留めてくると思いますので、よく考えて、どうしても続けられないと思ったらハッキリその旨を伝えましょう。

 

担当者は派遣先の企業への面目もありますし、すぐに代わりの派遣社員を探さなくてはなりませんから、後任が決まるまではと言われるケースは十分にありえます。

 

これは、一度引き受けたお仕事への責任として、きちんと果たすべきではないかと思います。

 

身体的な理由などがない限りは、なるべく後任の方への引継ぎを終えてから辞めるようにしましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク