派遣の仕事を途中で辞める際は感謝の気持ちを持って対応を

派遣の仕事を辞める理由は自分のためにも正直に伝えるべき

派遣の仕事を契約が満了する前に辞めたくなった際で、勤務先の企業に本当の辞めたい理由を伝えて欲しくないというケースは多々あるものです。

 

誰しも、この会社のここが合わないので辞めたいです、と伝えてか更にら数日間は顔を合わせなくてはいけないのですから、やはり気まずいですよね。

 

じゃあ、どうしても辞めなくてはならなくなった理由を作るのはどうでしょうか…

 

 

辞める理由は正直に伝えるべき

お世話になった方々に感謝の気持ちを持って

お世話になった方々に
感謝の気持ちを持って

ありがちなのは体調の変化を訴えることなどですが、これはあまりお勧めできません。

 

場合によっては、派遣会社や派遣先の企業からも、その診断書を提出するように言われる可能性も皆無ではないからです。

 

自分の首を絞めるような事は最初からせず、正直に伝えましょう。

 

その方が今後の企業の改善点にもなるかも知れません。引継ぎ等の際は、『立つ鳥跡を濁さず』の気持ちを忘れずにいたいものです。

 

契約期間内に辞めることは法律的に問題ないの?

労働基準法では、違約金等の契約を締結することを禁止しています。

 

余程のことがない限り、企業側も時間やお金のかかる裁判を起こしてまで訴えてくることはないと思います。

 

とはいえ辞める意思を固めたならば、なるべく速やかに伝え、穏やかに辞めたいですね。

 

ちなみに、契約期間の定めがない場合は、辞めたい2週間前までに伝えることが最低限のようです。

 

派遣社員は契約期間が決まっていますから、これに該当しません。

 

切羽詰ってすぐにでも、ということではなかったら、派遣会社と派遣先のためにも1か月前には伝えたいところですね。

 

いずれにしても、契約期間内に辞めるということは、迷惑をかけることに違いはありません。

 

どんな理由があるにせよ、担当者や派遣先の企業側には、一時でも採用してくれたことに感謝の気持ちを持って対応しましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク