派遣社員での就業を望む方が希望の仕事の紹介を受けるには

派遣会社登録時の初期設定の条件調整をして希望の仕事紹介を受ける

派遣会社に登録する方は

  1. 派遣社員という就業形態を望んでいる方
  2. 直接雇用を望んでいるものの事情で仕方なく派遣就業される方

とに大別されます。

 

求めているもの、目指すゴールの違いにより、ご紹介に適した派遣の仕事内容も変わってきますし、仕事選びの際に気をつけたいポイントも異なります。

 

できるだけご希望に叶った仕事紹介が受けられるよう、派遣会社の担当者は経験に基づいてお話しさせていただきます。

 

先ず当ページでは、「派遣社員という就業形態を望んでいる方」へのアドバイスをお伝えします。

 

 

派遣社員という就業形態を望んでいる方のケース

初期設定の条件調整で希望の仕事紹介を

初期設定の条件調整で
希望の仕事紹介を

最初から派遣社員という就業形態を望む方には、以下のようなケースがあります。

 

  1. ダブルワーク(あるいはトリプルワーク以上)がしたい方
  2. 職場と一定の距離を保って働きたい方
  3. 様々な職場で経験を積みたい方
  4. 引越しなどの可能性があり無期雇用を選択しにくい方

 

実際には他の要素も含めて様々な要因が絡みあうものですが、ここでは単純に個々のケースについて、仕事選びのアドバイスをご紹介します。

 

ダブルワーク(あるいはトリプルワーク以上)がしたい方

ダブルワークなど複数の派遣の仕事をしたい方で、個人事業主としてすでに活躍されている、または、すでに他で就業されている、空いている時間にできることを探したいという方が近年増えています。

 

この場合の仕事さがしには、派遣先企業様との柔軟な話し合い・調整が必要となってきますので、派遣元担当者に

  • ご自身の強み(派遣先へ提供できるスキル・経験)
  • 派遣先で就業できる時間

をできるだけ正確に伝えてください。

 

上記の内容をもとに派遣元担当者は、あなたの売り込み・条件調整をしていくこととなります。

 

一方で、個人事業主の方にとって、「拘束されることが可能な時間」は常に変動することも往々にしてあるかと思いますので、そのために、相性が良く話がしやすい派遣元担当者を選んでおくことをお勧めします。

 

職場と一定の距離を保って働きたい方

任された職務は確実に果たすけれども、一定以上の残業や・価値観の共有(押付け)・プライベートの交流などはなるべく避けて仕事をしたい、企業に入り込んで働くことを避けたいという方も近年増えています。

 

この場合は、職場と一定の距離を保ちたいことを派遣元担当者に、きちんと説明してください。

 

本当はそう思っているのだけれども、会って間もない派遣元担当者にそんなことを言ってわかってもらえるだろうか、などといった遠慮は無用です。

 

心を開いてお話しくださったことには、できる限りご期待に添えるよう努めることが私たちの職務です。

 

この時に、もしも万が一共感してもらえない担当者であれば、その時点で他の派遣会社を探すことを選択肢の1つに入れていただきたいと思います。

 

様々な職場で経験を積みたい方

グラフィック・WEBデザイナーやSEなどのIT系技術職の方は、複数の職場で経験を積んだ方がスキルの幅が拡がり将来の可能性が増えるという場合があります。

 

仕事の幅を広げるために複数の職場で働きたい方、ご自分のキャリアプランの構築を優先する方で、派遣就業を選択される方も多くいらっしゃいます。

 

この場合には、

  1. 現時点で経験を積みたいと望んでいる業界
  2. 今後のキャリアプラン

について、派遣元担当者と共有してください。

 

この時に、キャリアプランについての相談などもしっかりと行っていただきたいと思います。

 

派遣先は変わりながらも派遣元は同じで、10年以上の付き合いをしている派遣元担当者・派遣スタッフさん、という関係も度々あります。

 

是非、このような形で派遣会社を使っていただくケースが増えたら嬉しい限りです。

 

引越しなどの可能性があり無期雇用を選択しにくい方

パートナーの転勤の可能性などで、遠方への引越しの可能性があり無期雇用を選択しづらい方、ご家庭の事情により急な引越しの可能性があり無期雇用を選択しづらい方もいらっしゃいます。

 

はじめから引っ越しをすることが分かっているのであれば、派遣元担当者と共有をして、引っ越しの理解がある派遣先を紹介してもらうことをお勧めします。

 

「数ヶ月後のことは分からないし、そもそも派遣は3~6ヶ月の期間契約が多いのだから、わざわざいう必要はない」というご意見ももっともです。

 

しかし分かっていることであれば、後から話すよりもはじめから共有しておいた方が、余分な心配の種を持たなくて済むというものです。

 

後々の揉め事を作らないように初期設定の条件調整をすることも派遣元担当者の仕事ですから、安心して何でもお話しいただきたいと思います。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク