希望と条件に合う仕事紹介を受けるための派遣会社の選び方

カスタマイズされた仕事紹介も可能となる派遣会社の選び方

派遣会社と一言でいっても、各社それぞれの特色があります。

 

派遣会社の種類は、大きく以下のように分類ができます。

 

  1. 取り扱う仕事紹介の規模
  2. 特定の業界に特化型
  3. 営業とコーディネーターが一体型か分類型か

 

 

自分に合った派遣会社を選ぶ

希望と条件に合う仕事紹介を受けるために

希望と条件に合う仕事
紹介を受けるために

これから派遣の仕事をしようと考える方に、自分に合った派遣会社を選んで頂くために、上記の3つの分類での派遣会社選びのポイントをお伝えします。

 

取り扱う仕事紹介の規模

大手の派遣会社では会社スケールを活かし、さまざまな業界、職種の派遣の仕事紹介を行っています。

 

  1. 給与や休日を優先して仕事紹介を受けたい
  2. 業種や職種を限定せずに幅広く派遣の仕事を探したい
  3. 大手有名企業から中小企業まで限定せずに仕事に就きたい

という方にお勧めとなります。

 

特定の業界に特化型

希望する業界が決まっている方は、特定の業界に特化した派遣会社に登録をすることをお勧めします。

 

専門的な業界の仕事紹介に精通している担当者が、就職希望者の希望に沿った派遣求人紹介を行います。

 

営業とコーディネーターの一体型か分類型か

私自身が、まさに「営業とコーディネーター一体型」の担当者です。

 

「営業とコーディネーター一体型」の派遣会社の担当者は、登録された求職者に対して、派遣の仕事紹介というスタートから、契約期間完了までのフォローの全ての業務を兼務しています。

 

派遣業務を構成する、営業・コーディネーター・媒体を書く・アフターフォロー・その他マーケティングの全ての仕事を担当します。

 

カスタマイズされた求人紹介が可能な一体型の担当者

特に就きたい業界、したい特定の仕事がないのであれば、大手の派遣会社登録でOKですが、特定の仕事、業界、職種で働きたい、特定のスキルを身に付けたいと望むかたは、大手の派遣会社1社に登録し、さらに業界特化型の派遣会社に登録することをお勧めします。

 

私は派遣会社を転職で2社、勤務経験していますが、それぞれ2社の派遣会社は、

  1. 1社目は工場や事務職
  2. 2社目はIT関連やデザインなどクリエイティブ系

関連の仕事紹介に強いという特長がありました。

 

さらに、3つ目の分類でご紹介しました「営業とコーディネーターが一体型か分類型か」ということも重要なポイントです。

 

私のような「営業・コーディネーター一体型」の担当者は、派遣の仕事の求職者に合わせた求人を取ってくることも十分に可能なのです。

 

「派遣法」という法律では、派遣先は人選をしてはいけないこととなっており、人選の権限は派遣先にはありません。

 

ですから、私のような派遣会社の営業は、その法律に沿って派遣の仕事求職者個人個人にカスタマイズした求人案件を取ることも可能なのです。

 

お勧めの派遣会社の選び方

派遣の仕事の求職者の希望や条件にも依りけりですが、私がお勧めする派遣会社の選び方は以下のようになります。

 

  1. 大手の派遣会社1社には最低限登録する
  2. 就きたい仕事を限定するなら業界特化型にも登録
  3. 担当者が営業・コーディネーター一体型の派遣会社を選ぶ

 

特に「営業・コーディネーター一体型」かどうかは、各派遣会社のWebサイトなどには記載されていませんので、登録をしてから確認をすることをお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク