派遣会社での面談会で印象を良くし有利な求人紹介を受ける

派遣会社の担当者との面談時のポイント

派遣会社に登録をしますと、その後、派遣会社の担当者と面談する運びとなります。

 

担当者との面談は、カウンセリング、登録会、説明会など各派遣会社によって名称も行い方も違いますが、この面談では

  1. 担当者が聞きたいことを聞き出すので気楽に臨む
  2. 後の展開を有利にするため書類は丁寧に準備し印象を良くする

という2点が大切なポイントとなります。

 

 

派遣会社の担当者との面談時のポイント

緊張せず書類を丁寧に準備し心を開いて話す

緊張せず書類を丁寧に
準備し心を開いて話す

派遣会社の担当者との面談で最も重要なことは、正直に心を開いて話し、担当者と人間的なつながりを持つということです。

 

互いに信頼できるという良好な人間関係を持つことで、自分に合った派遣の仕事、好条件の仕事に巡り会うチャンスが増えます。

 

派遣会社の担当が聞きたいことを聞き出すので気楽に安心して臨めばOK

派遣会社の担当者と直接に会い、顔を合わせて面談することに緊張をされる方もみえます。

 

ですが、それまでに何百人という派遣の仕事を希望される求職者に仕事を紹介しているプロの担当者は、お互いにメリットとなる仕事紹介をするため、適切な会社の職場をオファーするために、聞きたいこ、確認すべきことを聞き出しますので、求職者の方は気楽に面談に臨んで下さい

 

後の展開を有利にするため書類は丁寧に準備し印象を良くする

履歴書・職務経歴書・エントリーシートなど、派遣会社に依っては事前にWebサイトから登録をする必要のあるケースもありますが、面談の際に持参するケースもあります。

 

いずれのケースでも派遣会社に登録される書類は、可能な限り丁寧に書き上げ準備して、担当者に対する印象を良くするのが得策で、互いの信頼関係の第一歩です。

 

担当者との関係を良好にし良い条件の仕事紹介を受ける

前ページの派遣会社の仕組みと担当者の業務でお伝えしたように、派遣の求人案件は営業担当によってカスタマイズができることが多くなっています。

 

また例えば私の例で言いますと、私は約40~50名の派遣社員さんを担当しています。

 

いろいろな派遣社員さん、また求職をする方の担当をするなか、情が通い合っている方ほど印象に残るのが事実です。

 

真面目で真摯な求職者の方と接して、「この人を優先してアレンジしてさしあげよう…」となるのが現実です。

 

それはつまり、待遇や条件が良い派遣求人を優先的に紹介してもらえる好機も増えるということです。

 

派遣会社の面談会では、緊張せずに気楽に出かけ、同時に書類をシッカリと準備し、心を開いて担当者と話すことを心がけてください。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク