派遣の仕事の条件を緩め検索条件を変えケーススタディーで検討

派遣の仕事に求める条件を緩めてどこまで妥協が出来るか検討

派遣会社から、仕事をなかなか紹介してもらえない時にすべきこととして、仕事の条件を見直すことも必要になるかもしれません。

 

 

仕事に求める条件を緩めてみる

仕事の条件を緩める

仕事の条件を緩める

この場合単発ではなく、短期や長期など、一定期間まとまってお仕事をする場合だと思います。

 

土日祝は休みがいい、というところをシフト制にしてみる、などでしょうか。

 

時給の下限を下げてみる、とか。

 

これも担当営業さんに相談してみて、「この条件を緩和すればこっちの仕事を紹介できるかもしれない」という話になるかもしれません。

 

それが了承できる条件であれば、仕事を受けてみてから考えてみるのも手だと思います。

 

また、派遣社員専用のお仕事検索サイトがあるところであれば、条件のチェックボックス単位で見直すことが可能だと思います。

 

週何日働きに出るですとか、軽作業にもチェックを入れてみるですとか、電話より分かりやすく条件を見直せます。

 

ケーススタディーで条件を変えてみる

どこまでも妥協すれば良いというわけではありませんが、正規雇用にしろ非正規雇用にしろ、ここは本当はこうだったら良かったんだけどな、という箇所はあると思います。

 

理想を追い求めてゆっくり仕事探しをするのでなければ、ある程度条件は緩くする必要があるでしょう。

 

逆に、ここだけは絶対に譲れないという条件を2、3個考えて、それ以外ならお仕事を受けてみよう、と考えるのもひとつの手だと思います。

 

午後からは家事を片づけたいから、午前で完結する仕事を探したい、などですね。

 

通勤時間が1時間以内で行けるところであれば良い、ですとか、色々とケーススタディーをしてみることをお勧めします。

 

仕事に就くという条件を変えてみるという点では、派遣という立場に拘らないことも選択肢となるでしょう。

 

派遣に拘らないならば、「転職・再就職」も選択肢に入れてみるのも1つの手です。

 

こちらの「求人転職サイトやエージェントの求人数の多さと多彩さを活用」を参考にしてみて下さい。

 

また姉妹サイト「女性の転職・再就職 | 年齢・仕事別アドバイス」もお勧めしておきます。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク