私が継続して引き続き派遣の仕事紹介が受けられた要因

連続して派遣仕事紹介を受け続けているのは選り好みをしなかったから

私の場合、派遣の仕事では単発を狙っていたので、1回やってみたお仕事で「できそうだな」と思ったものは、他の日にもないか探していました。

 

自分でできると思う仕事をメインに探す、人がやりたがらないような仕事を探した、これが私が継続して派遣の仕事を続けてこられた要因であると思います。

 

 

できると思う仕事で人気のない仕事

仕事の選り好みをしない

仕事の
選り好みをしない

それらの仕事は面接など堅苦しいものはないお仕事でしたので、人数が足りない時は派遣会社の営業さんから逆に「できない?」と訊かれるくらいでした。

 

ただし私は最初のトイレ掃除以外にも、工場で加工食品をパックする単発のお仕事も受けていました。

 

単発で、とにかく人の数が欲しいという仕事はそれなりに存在するので、担当営業さんに訊いてみて、そういう仕事から始めるのもアリだと思います。

 

社会経験と思って、やりたがる人が、あまりいなさそうな人気のない仕事を狙ったのも、大きな要因としてはあると思います。

 

仕事の選り好みをしない

先のトイレ掃除ですが、それだけ聞くとブラシを持って洗剤をしゅっと噴いてごしごし便器を洗うイメージを持たれるかと思います。

 

ですが、実際はほぼトイレットペーパーの交換で終始します。

 

女性用のトイレの汚物入れに、使用済みの赤ちゃんのオムツが入ってるくらいです。

 

たまに酔っぱらった人が吐いた跡だったり、トイレが詰まったりしたりの対応があったくらいでしょうか……。

 

最初のステップとしては単発がやりやすいかと思いますが、大切なことは仕事を選り好みしないことであると思います。

 

この前のができそうだと思うんなら、こっちも……という紹介をされることが多いようです。

 

担当営業さんも、職務経歴以上に実際に働いてくれたお仕事の方が評価しやすいわけです。

 

大人数で行くところであれば、経験等関係なく紹介してくれる場合も多いです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク