50代 - 単発の派遣の仕事を狙い担当営業に直接アピールする

派遣先の企業でバリバリ仕事をする多くの50代の方

なかなか派遣の求人を見つけることが難しくなってくるであろう、50代の方。

 

お子さまがいる方は、そろそろお子さまに手がかからなくなってくる頃でしょうか。

 

 

単発の派遣の仕事がお勧め

50代の派遣の仕事選び

50代の派遣の
仕事選び

親の介護に関しても問題が出てきているかもしれませんね。

 

もしかすると可愛いお孫さんがいる方もいらっしゃるでしょうか。

 

年齢が高くなってくるとなかなか、一般的には雇用してもらえなくなります。

 

残念ですが、そういう現実はありますが、こちらの「私が派遣で紹介された仕事で良かった職場の内容と特徴」でお伝えしているホテルの客室のお掃除など、私が働いた何箇所かの派遣先で、派遣で50代でバリバリお仕事してる方がたくさんいる派遣先もありました。

 

体力的にも以前のように無理がきかなくなってくると思いますので、単発の派遣のお仕事から始めてみる、というようなやり方も良いと思います。

 

単発のお仕事で他の日程もあるお仕事であれば、2回目は1回目よりも気が楽かと思います。

 

逆に1回目で「この仕事はだめそうだ」となった場合、今後似たようなものは避けるなどの対策も取れます。

 

年齢を超えて評価されるキャリアをアピール

短期、長期の単発以外でしたら、担当営業さんが「どういう人にその派遣先で働いて欲しいか」というイメージを持っていると思うので、その点をしっかり聞くべきだと思います。

 

支店等で直接対面すれば担当営業さんもイメージが湧きやすいと思うので、電話だけでなく直接支店に出向いてみましょう。

 

履歴書の写真だけだと、年齢を理由に遠回しに断るところもあるようです。

 

担当営業さんからすると、会ってみると年齢のハンディーキャップよりも高く評価できるキャリアや若々しさ等を認識できると思います。

 

働きたい意欲と、働けるという状態をしっかりアピールしてください。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク