派遣社員としての契約期間が終了する間際で注意すべき事は

派遣先の仕事を最後まで行い借用品は綺麗にしタイムシート控えを確認

派遣の仕事は短期、長期であれば、契約満了の時期は決まっています。

 

更新がある場合もありますが、特に短期であれば、何月末日で契約期間が終わります、という告知がお仕事を始めた最初にありますよね。

 

派遣の契約期間終了が近づいてきた時に注意すべきことを、挙げていきたいと思います。

 

 

仕事は最後まで手を抜かずに

派遣先では最後までキッチリと

派遣先では
最後まで
キッチリと

あともうちょっとだし慣れてるし手を抜いて良いかな、と思う方がいる……いないとは思いますが、仕事はきっちり最後まで手を抜かずにやりましょう。

 

契約期間満了に近くても、お給料はこれまでと同じように支払われています。

 

同じようにお仕事をするべきです、当たり前のことかもしれませんが。

 

ロッカーなど共有物を借りている場合は、ロッカーの整理をしておきましょう。

 

期間満了の日に慌てて片づけると、その他ICカードを返却したり、などと重なって時間がもったいないです。

 

そして相手を待たせてしまいます。

 

元々ロッカーに私物はあまり入れていない、という方も、ウェットシートで拭くくらいはしておきましょう。

 

綺麗な状態で返すのがベストです。

 

返却リスト作成と最終日のタイムシートの控え確認

返却するものリストを作っておいて、契約満了日よりちょっと前に確認したいものです。

 

制服はクリーニングしてから返すなどという決まりがある場合は、契約満了からどれくらいまでに会社に返すか確認しておきましょう。

 

最後の出勤日はタイムシートの控えを、その場でもらうなどの場合もあるので、担当者への確認は念入りに。

 

同じ会社で別の業務に行くので契約満了、などという場合は、新しい勤務先の確認と、次は誰に指示を仰げばいいのか、担当者の確認もしておきたいです。

 

同じ会社ですから、担当者どうしが知り合いであることもあるので、外見の特徴なども教えてもらうと初日に誰だか分からない、とならないかもしれませんね。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク